縄文の米の記事

[2011.09.15 ハラ]

15日の夜は、HBS異業種交流会が主催するお漬物講座に参加いたしました。
講師は漬物屋、株式会社「樽味屋」の矢下社長。
矢下社長は、春日市が認定する文化人の「お宝名人」でもあるんです!

矢下社長がおっしゃるには、
「漬物屋が漬物講座をして、
売れなくなったらどうするんだと言われることもあるけれど
一番いけないのは、漬物を食べるという習慣がなくなってしまうこと。
だから私は若いお母さん世代に漬物文化を伝えているんです。」
とのこと。

矢下社長は、若い世代の漬物に対するイメージは
「くさい」「漬けるのが大変」といったものだとおっしゃっていました。
そんなイメージで、美味しい漬物が現代の食生活の中で廃れ、
なくなってしまうのはいけないことですよね。
スパイラルの「大和乃彩」や「縄文の米」も、古代米という伝統的な食材なので、
この言葉には納得と大きな感動を感じました。

今回の講座の内容は「夏野菜のあっさり漬け」「糠床の作り方」「お漬物ご飯」です。
「夏野菜のあっさり漬け」は手早く作れて、とっても美味しかったですし、

きゅうり、茄子、大根、人参、パプリカを切って
ビニール袋で空気が入らないようにすると美味しく漬かります。

糠床はお漬物屋さんならではの知識を披露してくださり、目からうろこでした。
「お漬物ご飯」は細かく刻んだ高菜漬、青菜漬、赤しそ漬をご飯に混ぜたもの。

細かく刻むと、ご飯によく混ざります。

また、鳥手羽を糠で漬けて焼いたもの(!)を用意していただき、
試食のつもりが、すっかり満腹、満足で
しかもお漬物のお土産までいただいて帰ることとなりました(^▽^;)

目にも鮮やかで、味もとっても美味しかったです!

実はこの「お漬物講座」、近日中にスパイラル主催で開催することとなっております。
近々ご案内いたしますので、ぜひぜひ皆さまお誘い合わせの上ご参加ください☆
とっても美味しかったですよ~!

2011.09.15



今回はスパイラルスタッフのハラがお送りいたしました。

[2011.09.13 アオ]

昨夜は小学生の頃からの友人と「ガルシア」でお食事してきました(^^♪

「ガルシア」は社長の吉岡のお友達”由美子さん”ご夫婦のお店。
城南区の樋井川沿いにあります。

ガルシアは、とにかく何を食べても美味しい♪のです(^^)v
由美子さんのかわいくて、温かくて優しくて、
全部包み込んでくれるような明るいお人柄と、
和食のお魚メニューからピザ・パスタ、煮込み料理まで
なんでもお一人で作ってしまうご主人の美味しさ満点のお料理で
吉岡社長はもちろんのこと、スパイラルスタッフが大好きなお店です。
由美子さん、ご主人 いつもお世話になってます!ありがとうございます!
ちなみに由美子さんは「縄文の米 十三穀」のファンで長年召し上がってくださってるんです☆

そして、いつ伺っても、お客様が皆さん と~っても楽しそうに
お食事をされてるんです。だからお店の雰囲気もとってもいいんです!

実は、今年の初め頃、私の30年来の友人も
「ガルシア」さんとご縁があるということが偶然にも発覚☆
世間って狭いね~と驚きながら
『じゃあ、今度一緒に行こうよ~』と約束してやっとやっと昨夜実現!
不知夜月が美しく、久々にゆっくり話せた楽しい夜でした。

昨夜のチョイスは…

お野菜と豆のサラダ

アボカドのクロスティーニ

牛テールの煮込み

トマトとなすのチーズ焼き

やっぱり……どれも美味しかったです。
この、お野菜とお豆のサラダは、いつもオーダーする定番。
アボカドもいつも家で真似して作ってみようとするのだけど、たどり着けないプロの味!
普段お肉はあまり得意ではないけれど、ここの煮込みは大好きです!

2011.09.13

・・・ガルシア・・・
福岡市城南区鳥飼5-13-45
℡ 092-843-9469.



今回はスパイラルスタッフのアオがお送りいたしました。

[2011.09.07 吉岡 美千代]

癒しの昨日はとっても素敵な空間に誘っていただきました。
茶房「わらび野」さんです。

福岡の若杉山ってご存知ですか?
そこの山の上のほうにガラスに囲まれたまるで美術館のような建物が
山の緑に融合して佇んでいます。

後で思い出したけど、ずっと前にそこがオープンしたばっかりの頃…
偶然に前を通ったことがあり、真っ白いコンクリートの建物がお山に浮かんでいて
その時は違和感を感じてしまった…あの建物だ!って。
 
しかし、時間の経過と共にその建物は周りの緑に溶け込み、真っ白だった外壁も
落ち着いた色になって、静かにそこにあるという感じです。
 
その隣には、昔からあるような日本家屋のお蕎麦屋さん、
蕎麦「文次郎」さんも落ち着いた雰囲気で出迎えてくれました。
 
まずは文治郎さんで、十割蕎麦とこんにゃく寿司セット、てんぷらをいただきました。
お蕎麦はとってもこしがあって美味しかったのですよ。
(Y社長談:めんつゆがお蕎麦に対して少し優しすぎるかな?)
それ以上に私が大好きになったのは、こんにゃく寿司です!

お土産として購入したものを自宅で撮影しました。

はじめは「こんにゃく寿司」と書いてあるのを見て、え?マンナンライス???と
想像がつかなかったのですが、出されると納得☆
そうです…お稲荷さんの薄皮がこんにゃくなのです。
腰のあるこんにゃくを皮にして、しそと山椒が寿司飯に入って後味スッキリで、これは美味!!!
すっかり気に入ってしまいました♪
このご飯を十三穀(縄文の米/大和乃彩)にしても合うだろうなあ♪


 
お食事の後は、隣の茶房「わらび野」さんに移動して、夜景がとってもきれいな窓際のソファでデザートです。
今日はこんなに素敵なお店をご紹介いただいて、本当にありがとうございます(^^v

デザートは迷った挙句に、Y社長オススメの焼き芋と干し柿にクリームチーズが入ったものをオーダー。
どんな焼き芋かと思えば、裏ごしした焼き芋がおにぎり型になって、その上に小豆といもの皮をからっと挙げたものが
飾ってありました。
焼き芋のお味は○ 
干し柿はクリームチーズにマスカットという意表をついた組み合わせで、干し柿が好きな私には◎

夜景も素敵ですが、お昼に一人で来てゆっくり本を読んだり、いろんなことを考えるのにいいなあ…
青く広がる空を眺め、優しい日差しを感じながらゆったりとした時間を過ごせたらなあと
想像するだけで幸せな気持ちになれた心豊かなひとときでした。
 
まだ20時くらいだったからかもしれないけど、あの山の上まで次から次と車が来ること…びっくりしちゃいました。
皆さんよくご存知なのですね(^^;
 
スタッフに持って帰ったこんにゃく寿司を朝会社で出したら、
「これ食べたかったんです!」と新入社員の原口ちゃんが大喜びで、
料理上手な青木ちゃんもこれは美味しいですねと喜んでくれました。
(うちの青木は、お料理の先生なのです!凄いですね)
 
今度はスタッフも一緒にみんなで行こうと思います☆
し・あ・わ・せ 感謝!!

2011.09.07 吉岡 美千代

[2011.09.05 吉岡 美千代]

玉葱5個分をたっぷり薄切りにしました

今日は久しぶりの休日。武富勝彦さんの「金の玉葱」を使って、カレーを作りました。
武富さんの玉葱はめちゃめちゃ甘くて、
煮込むとますますひときわ甘さが際立ち、味に奥行きを広げます。
元々お料理は好きなほうですが、特にカレーは「おいしくな~れ!おいしくな~れ!愛しています。ありがとう!」と唱えながら集中できるので、ストレス解消にもってこいですよね☆

玉葱はあめ色になるまでじっくりいためるのがコツです☆

今日は野菜カレーで、ルーは植物性100%で無添加のものを7種類くらい混ぜて使います。

スパイラルの昼食は、いつも十三穀米「大和乃彩」か「縄文の米」を炊いて、
必ず武富さんの3年熟成味噌を使ったお昼ご飯なのですが、
今日は十三穀野菜カレーの出来上がり。

さあ、お味はどうでしょう?
スタッフの美味しい!の一言にホッとして、
今日も美味しい昼食を楽しくいただきました。

武富さん美味しい玉葱をありがとうございます!

2011.09.05 吉岡 美千代