2015年 4月

[2015.04.30 吉岡 美千代]

今日はちょっと身内の話になりますが、去る4月5日姪の十三詣りのお祝いをしました。

ここ福岡はほとんど馴染みがありませんが、遥か昔から京都では盛んに行われていて、
九州では沖縄もご近所の方を招いて盛大に行われるとのことです(^^v

なぜ十三詣りをさせたいと思ったかと申しますと…
Suzunaの将来の夢は海外留学らしく、目を輝かせて話してくれたからです。

しかし、日本人が海外に行って反省する一つに、母国の文化を知らないこと。
人は体験したことしか伝えることが出来ないので、
ちょうど中学生になったSuzunaに日本古来の風習である十三参りを体験して欲しくて、
母と妹(Suzunaのママ)と3人で企画・実行しました(^0^)/

十三詣りのはじまりは…空海が室戸岬の洞窟(御厨人窟)に籠もって、
虚空蔵求聞持法を修したことにより、飛躍的に記憶力が増したことからと伝えられています。

数え年13歳は、少年は昔の元服時期にあたり、
少女は個人差があるものの初潮を迎える時期にあたります。
少年・少女が、これまで健やかに成長できたことへの感謝とともに、
これから益々知恵と福徳を授かる為に、
広大な宇宙のような無限の智恵と慈悲を持った菩薩(虚空蔵菩薩)に参拝する行事だそうです。

ちなみに虚空菩薩とは、十三番目に誕生した智恵と福徳を司る菩薩と言われています。
別名:知恵詣り・智恵もらいとも呼ばれているそうです。

女子は、はじめて大人の寸法(本断ち)の晴れ着を着ますが、肩上げをします。
最近では、新暦4月13日を中日とした3月13日~5月13日と10月~11月にかけて行うようです。


姪のSuzunaも、いつもお世話になっている種因寺様で(飯塚・桂川町)、
健やかな成長を祈願していただきました。


いつもお世話になっている先生に、日本髪を自毛で結っていただき、
その見事な手さばきに惚れ惚れです。


とても嬉しかったらしく、満足そうなこの笑顔です♪♪♪
大好きな豆腐料理でお祝いです。

吉岡 美千代

[2015.04.23 吉岡 美千代]

昨日の朝、AM7時40分で羽田に飛び、今朝AM8時20分で福岡へ帰ってきました。
朝は4時半に起きて、う~~~ん、ちょっぴり眠い羽田空港(^^;

昨日は前々からご一緒したかった憧れの女性とお食事できて、
幸なひとときを過ごし、
志高く、凜と愉快に、のびのびと(^^v
これからの人生を悔いなく生きたいなあと
改めて感じることが出来た貴重な一日でした。

おかげさまで、心は豊かに元気いっぱい。
お天気もいいし、顔晴るぞ~♪とさわやかに始まったのですが(笑)

東京の皆様は、朝早くから行動なさるのですね…
6時前からすでに電車の席はなし!?尊敬します(@@;

西荻窪から羽田空港までずっと立ちっぱなしで、
羽田についたら眠くなっちゃいました(爆)

しかし、ここで見つけた小さな幸せ!

朝早いのに、第1ターミナル 搭乗口9番へ向かうところに、
素敵なお店があるではありませんか(^0^)/

のぞいてみると、美味しそうなオシャレなケーキが並んでいて、
お留守番のスタッフにお土産です(もちろん、私も食べます)。


お店の名前は、「Rose Bakery」
フランス・パリ9区にイギリス人のローズ・カラリーニと
ジャン=シャルル夫妻が「ローズ・ベーカリー」を開き、
瞬く間にパリの食いしん坊たちのハートをとらえたというお店です♪

スパイラルのスタッフ手作りランチの後は、お土産のデザート(ケーキ)
幸せなお味でした♪

*チョコが苦手な私がオレンジとチョコの絶妙なバランスに
「美味しい!」と声を出していました(^^)v
次はキャロットケーキにチャレンジ!

 

吉岡 美千代

[2015.04.22 吉岡 美千代]

ある朝、NHKのおはようにっぽんを観ていたら、
今ここにきて「瞑想」がブームになってきているというニュースが飛び込んできました。
アメリカのニューヨークタイムズでも取り上げられ、
超大企業がお昼休みに瞑想を取り入れているといいます。

時代は確かに変わってきました。

凄く知りたいことがたくさん沸いてきて、
番組にご出演なさっていた早稲田大学のK教授にお会いしたいと強く願っていたら
知人の方のご尽力で夢が叶い、お会いしてお話を伺うことができました。
感謝感謝です。

お話した内容を全部書くのは大変ですが、
K教授は最後にこう締めくくってくださいました。

「私たち日本人は、昔から剣道や茶道…etc
そんな文化の中にマインドフルネスな生き方があるのですよ。
剣道で最初に矛先を当立てるとき、
その瞬間に相手だけでなく、周りすべてに意識を拡散する。
茶席でもただお茶を立てることだけに集中するのではなく、
お正客や周囲の気配、茶が沸く音に意識を拡散する。
昔から続く伝統文化の中に息づいていたのです」と。

スパイラルのスタッフにはこの3年間
「茶道」を福利厚生で習ってもらうことを続けてきましたが、
やっぱりこれは素敵な選択だったとちょっぴり嬉しくなりました。

私も18歳から12年間びっしりと茶道を学び、
その時間空間が大好きになりました。
今でも月に1、2度しか参加できませんが、
愉しくゆったりと落ち着いて過ごすことが出来る
幸せな空間になっています。

ご縁に感謝です。ありがとうございます。

吉岡 美千代